お風呂に入ってゆっくりしたいという人も多いに違いありません。そのため最近のお風呂リフォームは浴室の面積が大きくなる傾向が見られます。少し前までは0.75坪という浴室が平均的でした。しかし最近のお風呂リフォームでは一坪以上の広さの浴室を導入するケースが増えています。

0.75坪というとのびのびと脚を伸ばすとことは難しい広さですが、しかし一坪であるならば結構リラックスすることができるスペースがあるといえます。しかし、0.75と1では0.25坪しか差がないのではないかと考えるかもしれません。しかしこのちょっとの寸法がお風呂場でのリラックス効果を与えるといえます。それでスペース的に余裕があるならば、少し大きめのお風呂の導入を検討してみることができます。

しかし、限界があり、お風呂場を広げられないということもあります。そのような場合でも工夫を払うことによってリラックス効果をもたらすことができます。例えば浴室と脱衣場をカラスで仕切ることもできます。これだけでもかなり広く感じられるはずです。

さらに窓を大きくすることも一つの手でしょう。ユニットバスの場合には窓を取り付けるということが難しいこともあります。しかし、中には窓を取り付けることができる作りのバスもあります。もし自由設計ができるならばガラスを大きくすることも検討できます。

ガラスはブラインドで隠すということもできますし、スイッチで透明ガラスと不透明ガラスに切り替えられるのもあります。そのようなガラスも考える事ができます。お風呂リフォームはリラックスできる空間にできるかという観点でも計画を立てましょう。