ベビーシッターが階段をリフォームすると家族が喜ぶ、幼児が遊びやすくなる、母親が安心するなどの長所が期待できます。家の中のが階段は手すりがないと危険と感じることが多いです。そのため、リフォームをして手すりをつけると家族が階段を利用する際に、安全に上下に移動することができます。なので、ベビーシッターの家族は、怖いと感じずに済むと大喜びするはずです。

階段に手すりをつけただけでなく、下のほうの段を2段ほどを大きくすると、幼児が遊びやすくなります。幼児は階段を見ると不思議と上りたくなるので、危険と感じる場面も多いです。なので、階段の2段より上には上がれない仕組みにして、階段の2段までの所に布などの柔らかい物を敷くと安全につながります。ただ、遊ばせている時は、ベビーシッターが必ずついている必要があります。

あと、遊んでいると幼児の身体が疲労を感じることから、お昼寝をしたくなります。歩く移動が鈍くなった時はそのサインなため、布団などに入れて寝かしつけてあげましょう。子守歌を歌ってあげたりするとすぐに眠ってくれます。母親のほうも1人で階段で遊ぶ幼児を見れば不安ですが、常にベビーシッターが一緒にいるのを見れば安心します。

気持ちが落ちつくと饒舌となってくるので、リフォームのことについて話してくるかもしれないです。その時は、他にも何らかの世間話ができるいい機会なため、色々な話題を持ち出してみるといいです。