ベビーシッターを安心安全に行う為には住宅リフォームは欠かすことができません。家の中には危険な場所が多く、子供にとって危険な場所は誘惑でいっぱいだからです。ベビーシッターにおけるリフォームでは子供の安心安全を確保しつつ、育児がしやすい環境を整える必要があります。住宅の中で危険な場所をいくつかあげます。

1、キッチン2、2階に続く階段3、扉4、タンスや本棚などの大型家具それぞれどのようにリフォームをすれば良いか検討します。1、刃物や瀬戸物など子供が誤って触れると危険な物が多数あります。最適な方法はフェンスや可動式の家具などで子供の進入を防止すると良いです。可動式家具はぶつかっても転倒することがないようにしてください。

2、ある程度大きくなれば危険性は薄れますが、小さいうちは転落して大けがをする可能性が高いので危険です。フェンスなどで制限すると良いです。3、扉は指を挟む可能性があり危険です。完全にしまらないようにガードをつけると良いです。

4、大型家具は地震で倒れる危険性があります。突っ張り棒などで転倒を防止する加工をすると良いです。ベビーシッターでは危険な箇所を全て把握して事前に対処することが求められます。子供にとって安心安全は大人には不便になってしまうものもあります。

なにを優先しなければならないのかを考え行動することで、子供にも大人にも使いやすい空間となります。安心安全について考えてみるのも良い時期だと思います。