「ベビーシッターを始めたいから、自宅のリフォームを検討している」という場合には、予算の都合でどの部屋をどれくらいまでリフォームするのかを考えておく必要があります。例えば、家を丸ごと安全対策を施してリフォームするというのであれば、かなりのお金がかかります。この場合は別に中古物件を購入して、そこを安く手入れして保育施設として使ったほうがいい場合もあります。そこまで大掛かりにしない場合で、部屋を一室使って床や壁だけ取り替えたいというのであれば、比較的安く作り変えることができます。

特に壁紙は印象がガラッと変わりますし、掃除のしやすさや安全面を考えての施工もしやすいです。子どもが好みそうなデザインの壁紙を取り入れるだけで、ベビーシッター宅が保育園のような施設に様変わりすることもあります。また、床材が滑りやすいフローリングなどを使用している場合は、ホームセンターなどで売っている滑り止めのついたマットを利用するか、もしくはコルク素材の床材を使ってリフォームしておいたほうがいいです。子どもは思わぬところで転んでケガをする可能性があります。

何かあってから対策を考えるというのでは、他人の子どもを預かるベビーシッターとしては責任が欠けています。大切なのはいくらお金をかけるかというよりも、預かる子どもが安全に快適に過ごすことができる空間を用意しておくということです。保育のしやすい空間を用意するようにしましょう。